七色の声を出そう!

 「自分にとって最もふさわしい声質の獲得」を声練屋は目標として掲げています。
 声質とは、なんらかの「機序」によってとらえられた声のことです。
 機序、つまり、あそこをああすればこうなる、という物事の仕組みの順序立てですね。

 発声器官をあんなふう動かすと、こんな声が出る。
 こんなふうに動かすと、あんな声が出る。
 たとえば、声帯を過伸展させると「裏声」が出る。
 これは、もうほとんど全員に起こる機序です。
 因果関係がハッキリしているのですね。

 ただ、機序という言葉は、あまり一般的な言葉ではないですよね。
 これを「フォーム」という用語に改めます。
 野球におけるピッチングフォームとかバッティングフォームの「フォーム」です。
 発声器官の、あそこをああやって、そんなふうにすると、こんな声が出る。
 これを、機序という珍しい言葉ではなく、フォームというなじみのある言葉で表現しようと思います。

 あるいは、もっと単純に、「発声法」と呼ぶこととします。
 たとえば、裏声を出すには、声帯を過伸展させる必要があります。
 声帯のフォームを変化させるのですね。
 この一連の動作をまとめて「裏声発声法」と呼びたいのです。
 と言いますか、「裏声」自体が「裏声発声法」のことです。

 なぜなら声練屋は、発声法が変われば出てくる声質も変わる、と考えているからです。
 つまり、七色の声を出すということは、7つのフォームで動くということです。
 七色の声を手に入れるということは、7つの発声法を修得するということを意味します。
 声イコール発声法なのです。

 一般的なボイトレでは、たとえば「腹式発声法で裏声を出す」などといった表現をすることがあります。
 厳密に考えると、これはまちがった表現でしょう。
 裏声を出すのは裏声発声法だからです。
 しかし、まぁ、言語表現としては日常会話化している表現ですので、無下にもできません。
 このWebサイトでも厳密さを必要としない場面では、サラッと使用することもあるでしょう。
 しかし、声練屋における発声法とは、こういった一般的なボイトレでの発声法とは、多少意味合いが異なることをおぼえておいて下さい。

 さて、七色の声についてです。

 実際のところ、発声法は7つどころではないです、
 もっともっとたくさんあります。
 いつか、おいおい語れればいいなと思っていますが、ここでは要望の多い「高音」の出しやすい発声法をメインにして選んでみました。

 やっぱり、今は高い声が流行ってますものね。
 なので、たとえばハスキーボイスはとても主要な声ですけども、今回は外しています。
 ハスキーボイスで高音を出すこともありますが、ハスキーボイスだから高音が出しやすくなる訳ではないからです。

 では、次ページ以降、いろいろな声についてを述べていきます。
 まずは、基本中の基本、地声です。

 <<前のページへ次のページへ>>